京都産業大学附属中・高入試説明会

IMG_3986

京都市下京区にある京都産業大学附属中学・高校の入試説明会に行って来ました。

京都産業大学に進学した先輩が先生として授業をする行事があります。附属校ならではの行事ではありますし、高校の先生でも伝えることが難しい大学の中身を現役の大学生から直接聞くことが出来るので人気があるようです。単に勉強を教えるだけではなく、少し先の未来までイメージさせてあげることを大切にしていることがうかがえます。

コースは特進コースと進学コースの2コースあります。

特進コースは国公立大学、難関私立大学への進学をめざして学習をするコースです。

進学コースはさらに文理コースとKSUコースに分かれます。文理コースは医療系・看護系・保育系など京都産業大学にない学部への進学をめざします。KSUコースは京都産業大学への進学をめざします。

京都産業大学は「就職に強い大学」として文部科学省の大学教育・学生支援事業においてS評価を獲得しています。内定を取れるまで進路スタッフが相談に応え、面倒を見ることが評価されたそうです。

2019年3月の卒業生の就職率は98.8%と非常に高く、保護者から見ても安心だそうです。将来の就職について中学生や高校生の頃から考えている人が増えているため、S評価の大学附属の学校は注目です。

入試説明会:9月14日(土)、10月5日(土)

大阪電気通信大学高校入試説明会

守口市にある大阪電気通信大学高校に行って来ました。

大阪電気通信大学高校には、4つのコースがあります。

進学総合コースは、1年生の間に高大連携の授業によって自分の関心・適性を発見します。2年生になると将来の方向性を明確にしたうえで、アドバンスコースと進学総合コース、メディア情報コースに分かれて学習を行います。

健康スポーツコースは運動部に所属しながら、先進的・科学的なスポーツ理論を学習していきます。体育、医療・福祉系の大学進学に向けて勉強面とスポーツ面の両方を日々トレーニングします。

理数コースは工業化専門科目を通じて思考力と実践力を養い、電子情報技術を習得します。国公立大学や難関私立大学への進学を目標としているため、授業以外にも特別進学講座や補講により、英語・数学・理科の学力UPを図ります。

工業連携コースは将来エンジニアになりたい人に向けたコースで、モノづくりを学んでいます。2年生になるとロボット機械コース、IoT情報通信コース、医療電子コース、デジタルゲーム開発コースにわかれ、より深く専門的に新しい技術を学ぶことが出来ます。

ロボット工学について聞いたり、触れたりすることが出来る数少ない学校だと思います。

体験学習:9月21日(土)
入試説明会:10月12日(土)

常翔啓光中・高入試説明会

枚方にある常翔啓光学園中学高校の入試説明会に行って来ました。

地元の超人気校なので知っている人も多いと思います。なぜ人気校なのかは学校に行ってみたらすぐにわかります。まず校舎がなんといってもきれい!建設されてから約10年たちますが、本当にきれいです。普段からきちんと手入れされていることがわかります(^_^)そしてメディアでも話題になりましたが、クライミングウォールが「ドォーーン」とそびえたっています。思わず「こんなところで勉強出来たらなぁ…うらやましい。」と言ったら、啓光の先生に笑われました。

そして、なんといっても先生方の雰囲気がすごくいいです。勉強する環境を整えることはもちろん、一人ひとりの進路を一生懸命考えてくれます。職員室前のフリースペースは勉強の質問がしやすく好評のようです。そして生徒募集の先生がまだ入学していない中学3年生に「○○高校に行きたいならこの問題を出来るようにならないと!」と他校のアドバイスをしている姿を何度も見かけます。また、公立中学校に出前授業をしているという話も聞きます。

進学実績も年々良くなってきています。国公立大学の合格者は過去最高の38名!関関同立は76名、産近甲龍は160名の合格者を出しています。もちろんグループ内の大阪工業大学、摂南大学、広島国際大学にも合わせて310名が合格しています。

関大北陽高校入試説明会

今春に出来たJRおおさか東線「JR淡路駅」から約15分歩いたところに関大北陽中学・高校があります。

関大北陽高校はコースが3つあります。

「特進コース」は豊富な授業時間により難関国公立大学へ進学できる学力を身につけるコースです。まずは基礎から、そして応用・実践問題と確実にステップアップできるようにたくさんの問題に取り組みます。また2年生になれば、異文化理解を目的とした中国語を授業選択できます。

「文理コース」は関西大学進学を目標にし、学力向上を図るとともに、学校行事やクラブ活動を通じていろいろな力を伸ばすコースです。2年生になれば希望や適性に応じて文系・理系に分かれて、希望する関西大学の学部に進学できるようにより細やかな指導に変わります。また部活動の加入率は80%を超え、文武両道という言葉がふさわしいコースではないかと思います。

「スポーツコース」はスポーツを通じて人間力を高めることや、大学進学に必要な基礎知識を身につけるコースです。全国で活躍できる競技力を養うだけではなく、自ら考え、判断し、正しく行動する力を育てることを目的としています。関西大学の人間健康学部と連携を取り、実習プログラムが用意されています。

高校生は学力UPだけが目的でなく、部活動も頑張れることが大切と考えられています。ですので、関大北陽高校はたくさんの部活動があります。サッカー部や野球部など全国レベルの部活動はもちろん、個人的に活動しているスケート部など33のクラブが活動しています。来年度吹奏楽部が創設されることが決定されています。

創立12年の新しい学校ですが、まだまだパワーUPすること間違いなしです!

大阪国際大和田中・高入試説明会

守口市にある大阪国際大和田中学・高等学校の入試説明会に行ってきました!

大和田高校は、豊富な入試資料を元に進路をサポートしています。2019年度入試では、近畿圏の難関大学を含む国公立大学に過去最多となる65名の合格者を出しました。また、関関同立の合格者延数は212名と、大和田高校が目標としている200名の合格を3年ぶりに達成しました。

しかし、単に難関大学への合格を目指した教育をするだけではありません。グローバル化していくこれからの社会で活躍できる人材の育成にも力を入れています。主体的な学びを通じて自分の考えを深め人に発信する力を身につけたり、海外研修を通じて英語を使った学びを広げていくカリキュラムになっています。

これだけではありません!大和田中高では、「ココロの教育」も大切にしています。2014年から「学校では教えてくれない大切なこと」をテーマに、世界の最前線で活躍をする方々の講演を年に数回行うことで生徒のココロに語りかけています。国際医療ボランティアや、カンボジアの難民問題、落語で人を笑顔にし人間関係や不安を解消する術、東日本大震災など様々なことを取りあげています。その結果、海外での医療ボランティア活動に参加する生徒も出てきました。

また、課外学習として幼稚園や老人ホームでの体験を通して、人から「ありがとう」と感謝をされる経験ができるような取り組みも行っています。そこでは普段見せないような表情を見せる生徒がたくさんいるそうです。

勉強で身につけた知識・技能を、ココロを育むことでより効果的に生かしていけるようになっています。

大谷中・高入試説明会

京都の大谷中・高の入試説明会に行ってきました。

大谷高校には4つのクラスがあります。
難関国公立大学への進学を目指すマスタークラス。過去4年間の国公立大学の合格率は65%!
国際的な場のおいて活躍するための基礎づくりを目指すグローバルコース。3年間で2回留学!
国公立大学・難関私立大学への進学を目指すコアクラス。国公立大学・難関私立大学(関関同立・産近甲龍佛等)への合格率は毎年60%以上!
指定校推薦や協定校推薦をフルに活用し大学進学を目指すインテグラルコース。大学への現役進学率は95%!
様々なニーズに応えられるコース体制になっています。

学校行事やクラブ活動も非常に盛んで、昨年度の学園祭の来場者数は5050人だっそうです。
保護者の方も一緒になって盛り上げておられるそうです。

大谷高校の昨年度の志願者数は関西で最多!生徒在籍数は京都で最多!!
でも決して粗くなく、生徒一人ひとりをしっかり支援・サポートしている大谷高校、超人気校なのが納得です。

オープンキャンパス:9/7(土),9/14(土)
学校説明会:10/5(土),11/9(土),12/7(土)

大阪青凌中・高入試説明会

大阪青凌中・高の入試説明会に行ってきました。

2020年4月に校舎が移転します。
真っ新の校舎で3年間、勉強することができますよ。

大阪青凌中・高では、生徒1人に1台、iPadが配られます。
教科書やノートの代わりに使ったり、動画で授業を見返したり、宿題・プリント等の配信をすることができます。
また、担任の先生と直接をメッセージをやりとりすることができるので、何でも気軽に相談できます。
担任の先生は生徒一人ひとりの学習状況も管理してくれています。
勉強時間が少なかったり、偏りがあった場合は、すぐにアドバイスしてくれます。
面倒見がとことんいい学校だと思います。

オープンスクール:9/28(土)
入試説明会:11/2(土),12/7(土)※新校舎にて,12/14(土)※新校舎にて

京都精華学園中・高入試説明会

京都精華学園中・高の入試説明会に行ってきました。

京都精華学園高校には、4つのコース・学科があります。
幼児教育・パティシエ・吹奏楽・看護医療系・スポーツなどの専門的な力を身につけ進学を目指す進学Aコース。
徹底して学力伸長を図り、志望大学合格を目指す進学Bコース。
主体的な学びで21世紀型の学習活動を行う遊学コース。
基礎・基本から専門的な領域まで学び、京都精華大学と連携し様々な取り組みを行う美術科。
多種多様な進路実現のために、生徒の皆さんにしっかりと寄り添い、指導できるコース体制になっています。

4年前に女子校から共学校になり、特進コースを廃止し、「真ん中くらいの子」の指導を徹底した京都精華学園高校。
共学1年目の生徒が今春卒業しましたが、4年生大学の合格者数が昨年度の2倍以上、産近佛龍の合格者数は4倍以上と大躍進しました。

今年の夏もとっても暑かったですが、京都精華学園の先生はもっっっと熱い、そんな印象を持てた説明会でした。

オープンキャンパス:9/28(土)
入試説明会:11/16(土),12/7(土)
※その他入試イベントが多数予定されています(学校HPをご参照ください)

城星中・高入試説明会

大阪環状線「森ノ宮」駅から徒歩10分。城星学園中学高等学校の入試説明会に行ってきました。

城星学園中・高は一人ひとりに寄り添いながら「得意」を見つけて伸ばしていく、をモットーにしている学校です。
生徒11人に対して先生が1人!たくさんの先生と関わり、些細なことでも相談できるよう少人数制にこだわっています。

総合学習の一環として、自分のやりたいことを研究する「学びの森」という時間があります。
興味のあることを先生と一緒に勉強していくそうで、韓国語やイタリア語の語学学習、天体観測や宇宙調査などの研究、商品企画やマーケティングのような産業の勉強など、型にとらわれず様々な分野で自分の個性を磨いています。まるで大学の研究室のように「みんなで新しいことを発見する。理解する。」雰囲気があり、本当に楽しそうに勉強していました。

また、学園内には併設のスイミングスクールがあり、水泳部の活動がとても盛んです。
他にもバドミントン部、ダンス部といった運動部や、写真部、軽音楽部など芸術を磨く部活動もあります。

金蘭会中・高入試説明会

大阪環状線「福島駅」が最寄り駅の金蘭会中学高校の入試説明会に行ってきました。
枚方からでも1時間かからないので、決して遠くはありませんよ!

金蘭会高校は「なりたい自分」をテーマに様々なコースが設置されています。

「夢や目標がまだない…」という人には「文理進学コース」がオススメです。一人ひとりの夢を探すところからスタートして、様々な分野を幅広く学習し、進みたい進路を見つけるコースです。高校生だからこそいろいろなことに挑戦してみたい!こういった気持ちがある高校生にもうってつけだと思います。グループ内の千里金蘭大学に進学すれば、栄養士の資格を取ることも可能です。

「看護師や薬剤師など医療系に進みたい」という人には「看護医療コース」がオススメです。グループ内の千里金蘭大学は看護師や薬剤師の国家資格の取得率がとても高い学校ですので、内部進学を目指して入学する人も多いそうです。高校生の頃から見学会、実習、講義など医療現場の即戦力になれるように高校大学の連携を強化しています。

「子どもが好き、保育士や小学校教諭になりたい」という人には「保育児童コース」がオススメです。併設する金蘭会保育園で実習や交流行事などを通じて学びを深めます。千里金蘭大学に進学すれば保育士や小学校教諭の免許の取得が可能です。

「スポーツや特技を磨きたい」という人には「スポーツ・特技コース」がオススメです。技術や能力を伸ばすことだけではなく、スポーツの基礎理論から学習し、指導者になることもできるようなカリキュラムが組まれています。

大学進学を目標に「学力UPをしたい」という人には「特別進学コース」がオススメです。毎朝の小テストや授業後の錬成学習を行うことで、学習習慣を体得し、入りたい大学への進学を目指します。

さぁ、あなたの「なりたい自分」を見つけるきっかけを作りましょう!

関西大学中等部・高等部入試説明会

高槻市にある関西大学中等部・高等部の入試説明会に行ってきました!

2010年開校のまだまだ新しい学校ですが、歴史ある関西大学の併設校ということもあり教育環境・施設ともに充実しています。5教科をバランスよく学ぶ“教科学習”や、国際理解を深めながら課題解決型学習を行う“探求学習”ではタブレットなどを活用し思考力を深めています。カナダやハワイでの研修を通して国際交流も行なっています。こうして得られた知識・経験・思考力を活かし、様々な企業と一緒になって国際問題解決に取り組んだり、模擬企業の設立体験もします。生徒自身で企業へのアポイントメントを取り、くり返し話し合いを行うことで、社会力も身につけられるような仕組みになっています。

また、グラウンドは人工芝でできているため体育や部活動をより安全に行うことができます。職員室前には先生への質問スペースが設けられています。昨年度からは生徒の要望により、個別ブース型の自習室が新設されて、さらに勉強に集中できるようになったそうです。

部活動は、フィギュアスケートで有名な高橋大輔さんや織田信成さん、宮原知子さんらも大 学生時代に利用していた関西大学のアイスリンクで活動をするアイススケート部。他にもラクロス部や能楽部といった珍しい部活があります。

関西大学中等部・高等部では関西大学の“学んだ成果を社会に生かす”という教育理念のもと、 一生懸命勉強・部活動に励んでいます。

 

金光大阪中・高入試説明会

大阪の高槻にある金光大阪中学・高等学校に行ってきました。
高槻は遠いと感じる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません!
京阪枚方市駅からバスに乗って阪急高槻駅に。そこから1駅先の上牧駅からは徒歩4分です。
学び舎の卒業生は金光大阪まで自転車で通学していました!

金光大阪は、大学進学を目指しながら部活動も一生懸命やりたい、そんな高校生を全力で応援してくれる学校です。部活動と並行しながら学習面をしっかりとサポートする体制が整っています。
1年生では全教科をバランスよく学習して、2年生になると希望進路に合わせたカリキュラム編成になります。そして3年生になると豊富な選択授業の中から必要な授業を履修することで進路実現を目指します。
メリハリをつけて無理なく学ぶことが出来るので、放課後は全力で部活動!それが金光大阪流です。

また社会勉強の一環として、学校の横にある田んぼを活用した「水田学習」を行っています。田植えから収穫までを自ら経験することで、食べるまでの見えない部分の苦労や喜びを学習するとともに、伝統的な産業への理解も深めます。

生徒達の文武両道をサポートするための施設環境も充実しています。甲子園球場の1.5倍もある人工芝グラウンドや、最新機器が設置されているトレーニングルーム。お昼休みに大盛況な食堂やベーカリーまであります。自習室も集中できる環境として人気が高いそうです。

東海大学付属大阪仰星中・高説明会

地元の東海大付属大阪仰星中学・高等学校の入試説明会に行ってきました!

学校は京阪村野駅から徒歩約10分の所にあります。

東海大付属大阪仰星中・高では日々、先生が生徒に学校は楽しい所だと思ってもらえるように努め、生徒の意欲をかき立てるようにしているそうです。生徒たちは毎日部活動等に打ち込み、そこで得られた成功体験を糧に勉強に取り組んでいます。昨年度は中等部のサッカー部・ラグビー部・準硬式野球部が大阪府大会で優勝し、ラグビー部は全国大会2連覇を達成しました!今年度からカリキュラムを変更し、コースに関係なく部活動に参加できるようになったので、今まで以上に学校全体が活気に満ち溢れているそうです。

高校受験では専願で受験をする生徒の割合が大阪府内の私立高校で1位になったそうです!オープンスクールや部活体験などを通して、校風や学校の先生方の雰囲気に触れ、入学後も自信を持って勉強できる環境があると実感する生徒が多いようです。東海大学への内部進学を目指している生徒も増えてきているようで、特に海洋学部や工学部航空操縦学科が人気を集めています。また東海大学医学部へ進学できるのも付属高校としての魅力の一つです。昨年度は東海大学へ46人進学し、今年も東海大学への進学希望者が多数いるそうです。施設も充実していて、昨年度完成した人工芝グラウンドは怪我を減少させたり、水はけが良いため雨が降ったあとでもすぐにグラウンドを使うことができます。そのため今まで以上にクラブ活動が充実しているそうです。

部活動にも勉強にも真剣に取り組むことで真の文武両道を実践している学校です。

大阪薫英女学院中高入試説明会

大阪の摂津にある大阪薫英女学院中学・高等学校に行ってきました。

大阪薫英女学院は、英検や海外留学などの英語教育に力を入れている学校です。
英検取得レベルは全国平均をはるかに上回り、中学卒業時では98%の生徒が英検3級以上を、高校卒業時では85%の生徒が英検準2級以上を取得しています。

英語の指導だけにとどまりません。もちろん他の科目にも力を入れています。
入学時の偏差値から10ポイントUPは当たり前、15ポイントUPの生徒もたくさんいます。
これは先生が他の先生に授業を公開して、研究・考察などを行い、授業の質を上げる努力を先生自身がしているからだと思います。
授業見学をさせてもらいましたが本当に丁寧でわかりやすい授業でした!

保護者向けの学内アンケートでは「薫英に入学して良かった」が93%、「先生が熱心に取り組んでいる」が90%にも上ったそうです。これは全て生徒一人ひとりの「希望進路実現」のために、学習指導強化・進路指導強化に取り組んでこられた結果だと思います。
この指導力は本当におすすめです。

東山中・高入試説明会

京都の東山にある東山中学高等学校に行ってきました。桜や紅葉で有名な南禅寺のそばに立地しているので本当に景色がきれいで、近くには観光地もたくさんあります。
到着して、受付に行こうと思ったら…「こんにちは!」と東山高校の生徒さんに挨拶をされました。
大きな声で挨拶をしてくれてとても気持ちがよかったです(^_^)

説明会が始まり、先生方のお話を聞くなかで感じたことは、生徒たちが充実した高校生活を送っている、ということでした。
みんな仲が良く、いいライバル関係で、先生の応援も全力、目標に向けてまっしぐら!
そんな学校生活を送ることが出来ているからこそ、いい笑顔になるのもわかります。

東山の強みはまだまだあります!それは大学進学に強いことです。今春の入学者は318名ですが、指定校推薦の数が約700人分!!そして国公立大学の合格も70を超えています。先生方の豊富な経験・知識量と男子校ならではの指導方法により生まれた結果だと思います。

部活動は全国レベルの野球部やサッカー部、バスケットボール部だけでなく、生徒たちで立ち上げた数学研究会などもあり、日々切磋琢磨しています。