東海大学付属大阪仰星中・高説明会

地元の東海大付属大阪仰星中学・高等学校の入試説明会に行ってきました!

学校は京阪村野駅から徒歩約10分の所にあります。

東海大付属大阪仰星中・高では日々、先生が生徒に学校は楽しい所だと思ってもらえるように努め、生徒の意欲をかき立てるようにしているそうです。生徒たちは毎日部活動等に打ち込み、そこで得られた成功体験を糧に勉強に取り組んでいます。昨年度は中等部のサッカー部・ラグビー部・準硬式野球部が大阪府大会で優勝し、ラグビー部は全国大会2連覇を達成しました!今年度からカリキュラムを変更し、コースに関係なく部活動に参加できるようになったので、今まで以上に学校全体が活気に満ち溢れているそうです。

高校受験では専願で受験をする生徒の割合が大阪府内の私立高校で1位になったそうです!オープンスクールや部活体験などを通して、校風や学校の先生方の雰囲気に触れ、入学後も自信を持って勉強できる環境があると実感する生徒が多いようです。東海大学への内部進学を目指している生徒も増えてきているようで、特に海洋学部や工学部航空操縦学科が人気を集めています。また東海大学医学部へ進学できるのも付属高校としての魅力の一つです。昨年度は東海大学へ46人進学し、今年も東海大学への進学希望者が多数いるそうです。施設も充実していて、昨年度完成した人工芝グラウンドは怪我を減少させたり、水はけが良いため雨が降ったあとでもすぐにグラウンドを使うことができます。そのため今まで以上にクラブ活動が充実しているそうです。

部活動にも勉強にも真剣に取り組むことで真の文武両道を実践している学校です。

大阪薫英女学院中高入試説明会

大阪の摂津にある大阪薫英女学院中学・高等学校に行ってきました。

大阪薫英女学院は、英検や海外留学などの英語教育に力を入れている学校です。
英検取得レベルは全国平均をはるかに上回り、中学卒業時では98%の生徒が英検3級以上を、高校卒業時では85%の生徒が英検準2級以上を取得しています。

英語の指導だけにとどまりません。もちろん他の科目にも力を入れています。
入学時の偏差値から10ポイントUPは当たり前、15ポイントUPの生徒もたくさんいます。
これは先生が他の先生に授業を公開して、研究・考察などを行い、授業の質を上げる努力を先生自身がしているからだと思います。
授業見学をさせてもらいましたが本当に丁寧でわかりやすい授業でした!

保護者向けの学内アンケートでは「薫英に入学して良かった」が93%、「先生が熱心に取り組んでいる」が90%にも上ったそうです。これは全て生徒一人ひとりの「希望進路実現」のために、学習指導強化・進路指導強化に取り組んでこられた結果だと思います。
この指導力は本当におすすめです。

東山中・高入試説明会

京都の東山にある東山中学高等学校に行ってきました。桜や紅葉で有名な南禅寺のそばに立地しているので本当に景色がきれいで、近くには観光地もたくさんあります。
到着して、受付に行こうと思ったら…「こんにちは!」と東山高校の生徒さんに挨拶をされました。
大きな声で挨拶をしてくれてとても気持ちがよかったです(^_^)

説明会が始まり、先生方のお話を聞くなかで感じたことは、生徒たちが充実した高校生活を送っている、ということでした。
みんな仲が良く、いいライバル関係で、先生の応援も全力、目標に向けてまっしぐら!
そんな学校生活を送ることが出来ているからこそ、いい笑顔になるのもわかります。

東山の強みはまだまだあります!それは大学進学に強いことです。今春の入学者は318名ですが、指定校推薦の数が約700人分!!そして国公立大学の合格も70を超えています。先生方の豊富な経験・知識量と男子校ならではの指導方法により生まれた結果だと思います。

部活動は全国レベルの野球部やサッカー部、バスケットボール部だけでなく、生徒たちで立ち上げた数学研究会などもあり、日々切磋琢磨しています。