府立成城高校入試説明会

大阪府立成城高校の入試説明会に行って来ました。

大阪府では、生徒の「わかる喜び」や「学ぶ意欲」を引き出し、しっかりとした学力と社会で活躍できる力を身に付けるため、新しいタイプの学校として「エンパワメントスクール」の設置を進めています。エンパワメントスクールでは中学校でつまずいたところを学び直すための30分授業や習熟度別授業を行っています。スモールステップで学力の基礎・基本を身に付け、グループ学習や参加体験型学習で人間関係力を育成します。そして目標に合った学習内容と資格取得で様々な進路選択に対応できるようなカリキュラムになっています。成城高校はそんな「エンパワメントスクール」の1つです。

選択系列は5つあります。
数理・人文系列は理工学系・農学系・水産系・看護医療系・外国語系・社会科学系の大学等への進学に対応するための力を養います。
科学・芸術系列は栄養、保育、写真・映像技術などの進路実現に向けて専門的な技術を基礎から学びます。
商業実務系列は簿記・秘書などの資格取得と接遇マナーを中心に、文系・商業系進学および就職をめざします。
電気情報系列は電気工事・情報技術の資格取得と、理系・工業系進学および就職をめざします。
ものづくり系列はガス溶接・危険物等の機械系資格取得および、色彩検定、レタリング検定等のデザイン系資格取得と、理系・工業系進学および就職を目指します。

学校説明会:10月26日(土)、11月16日(土)、12月14日(土)、1月18日(土)

関西創価中・高入試説明会

関西創価中学・高等学校の入試説明会に行ってきました。

関西創価高校はスーパーグローバルハイスクールとして、様々な地球的課題を発見し、解決策を探ることのできるグローバルリーダーになる人材を育成しています。そのために、関西創価高校では探求学習を重要視しています。

万葉図書館には本が10万冊も蔵書されており、すべての土台となる力を養うため読書教育を行っています。読書教育では、生徒が他の生徒にも読んでもらいたい本を紹介し、1番読みたいと思った本を決めるビブリオバトルや、すべての先生方が生徒に読んでもらいたい本を紹介するBook-Navi Weekがあります。こうして、本に慣れ親しむことで読解力や表現力の基礎を身につけます。フィールドワークやディスカッションを通して、課題に対する自分の意見を持ち、それを発表したり共有する力も養います。そして、高校3年生では探求学習の集大成として模擬国連総会を実施します。架空の国を作り、それぞれの課題に対する解決策を見出していきます。

また、校内はとても自然が豊か!桜が600本植えられ、1年を通して約50種類もの野鳥が訪れています。夏には蛍も見られるそうです。

入試説明会:10/20(日)

 

星翔高校入試説明会

星翔高等学校の入試説明会に行ってきました。

星翔高校では、先生方が生徒の夢や目標を応援し、その実現に向けて寄り添ってくれます。

普通科アドバンスコースは、有名私立大学や地方国公立大学への進学を目指します。今年度から新たに、受験知識の豊富な先生や現役の京大生・阪大生・関関同立大生による進学サポートを生徒に合わせて行い、大学に現役合格する学力を養成しています。

普通科キャリアコースは、将来の職業意識をイメージしたキャリア教育を行い、大学進学を目指します。専門学校の先生を招き、より高度で専門的な授業を行っています。

工業技術系は4つの学科に分かれ資格取得をはじめ、大学進学や就職を目指します。

機械工学科は、機械設計・機械工作・原動機などの基礎知識を身につけます。また、機械の操作・加工・溶接も行います。

電子機械工学科は、ロボットの製作・操作を通して、電子機械のメカニズムや制御回路の基本知識を習得します。そして、機械の操作や制御を学びエンジニアを目指します。

電気工学科は、電気の基礎から応用までを学習します。電気工事士などの電気関連資格を取得し、社会貢献のできる電気技術者を目指します。

コミュニケーションシステム工学科は、パソコンや、スマートフォン、携帯ゲーム機、音楽プレーヤーなどに共通するシステムを学びます。また、それらを単なる道具として捉えるのでなく、その機器とコミュニケーションを図りながら学習をする星翔高校独自のカリキュラムを組んでいます。

国際化スポーツコースは、技術や技能の向上を図るだけでなく、礼儀・マナー・助け合いの気持ちなども身につけます。国際的な視野で、スポーツマンとしての目標にチャレンジをしています。

入試説明会:10/19(土)、11/16(土)